天の川
-
f0236280_032958.jpg

<寿司ネタ 四 えんがわ>えんがわ(縁側、エンガワ)とは、魚の部位の通称で、刺身や寿司のネタのひとつ。ヒラメ、カレイの鰭を動かすための筋肉のことをいい、コリコリとした舌ざわりが好まれる。身の形が家屋の縁側に似ていることからそう呼ばれる。
寿司ネタで「えんがわ」といえば、「ヒラメのえんがわ」を指す。えんがわ部分は、ヒラメ一匹からとれる量が限られているので白身部分よりも価格が高い。回転寿司で単に「えんがわ」と表示して安価で販売されている場合、カラスガレイやアブラガレイ(カレイ目)といった代用魚のえんがわが使われている。
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-04 00:03
<< - - >>