天の川
お豆富
こんばんわ!

食欲の秋です!!
今日はいつもに増して食欲旺盛です(^O^)/
健康な証拠☆
ダイエットしないといけないと思えば思うほど食欲旺盛です☆☆

そんなときには、植物性たんぱく質が豊富でカロリーは比較的低いお豆富!!!

今日はお豆富について調べてみました♪

起源説は複数あり定かではないが、紀元前1世紀に生まれた達磨大師がインドから中国に伝えたという説、紀元前2世紀前漢時代の淮南王(わいなんおう)・劉安(りゅうあん)にちなむ中国伝来の食品であるという説がある。
しかし、前漢に原料の大豆はなかったとも言われる。日本へは奈良時代に遣唐使によって伝えられたともされるが、それ以前に伝わっていた可能性もある。

天明2年(1782年)に刊行された『豆腐百珍(とうふひゃくちん)』には、100種類の豆富料理が記述されており、また様々な文学でも親しまれてきた。

現在は多く見られないが、豆腐は行商販売もされており、かつては一般的だった。行商の豆富屋はラッパを吹きながら売り歩いていた。
明治初期に乗合馬車や鉄道馬車の御者が危険防止のために鳴らしていたものをある豆富屋が「音が『トーフ』と聞こえる」ことに気づき、ラッパを吹きながら売り歩くことを始めたものである。
その由来のようにラッパの音は一回に二段階「トーフー」と聞こえるように吹くことが多いが、地域や販売店によっても異なり、一段階のみの場合もある。


うーん。。。歴史がながい割にはあまりおもしろい記事がありませんでした。

あとは、日本の妖怪伝説で“豆富小僧”というのがありました(+_+)
特にに悪さをすることもなく、たいして人間に相手にされることもない、お人好しで気弱、滑稽なキャラクターとして描かれています。
体に良いお豆富そのままですね☆

美味しくて体に良いお豆富食べにいらして下さい♪

手造り豆富 880円

京の和膳食堂 天の川
[PR]
by ama-no-gawa | 2011-10-20 18:45
<< 週末は天の川で♪ 秋桜 >>