天の川
京野菜~九条葱~
こんばんわ!

お昼間は暖かく過ごしやすい一日でしたね(*^_^*)
日中と夜間の気温差が出てきたので、体調の管理しっかりしてくださいね♪

今日はオススメのメニューでもある
おばんざいセット¥1,980-の中の“九条葱いっぱい 京風牛すじ煮込み”
九条葱について少しお話します☆

日本を代表する青ネギ(葉ネギ)の一種であり、もともとは難波に自生していたネギが原種と言われていますが、後に京都に伝わって、古くから品種改良が施され、伝統的に生産され続けている京野菜のひとつである。
京都市南区九条地区が主産地であったことからその名がついたが、現在の主な産地は九条の南、十条となっている。
弘法大師(空海)が大ヘビに追いかけられたとき、ネギ畑に隠れて難を逃れたという逸話が残っている。そのため、東寺周辺の農家の人々は東寺の縁日(御影供)にあたる21日はネギ畑に入らないようになり、その日にネギを食べると一家に不幸が起こるという言い伝えがあったという。

そして!!葱には沢山の栄養分が含まれているのです。
青い部分には ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンC・カロチンが多く含まれており 栄養豊富です。
白い部分にはピリッとした刺激臭があります。これは硫化アリルという物質です。
硫化アリルのひとつアリシンは消化液の分泌を促進し食欲を高めたり、消化系の働きを高めます。
又、血行を良くする働きもあります。
「風邪に葱」というのは良く知られていることですが、昔から民間療法として疲労回復・解熱・咳や痰を鎮める等に多く用いられています。
お疲れのときにはぜひ!!

通常の葱と九条葱に違いは、独特の”ぬめり”です。
この”ぬめり”には他の葱には無い”香り”と”甘さ”がぎゅっと凝縮されているのです!!

ご賞味あれ(^O^)/

京の和膳食堂 天の川
[PR]
by ama-no-gawa | 2011-10-24 18:21
<< プリンの日! 豆乳鍋! >>