天の川
<   2010年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
-
f0236280_2294894.jpg

<寿司ネタ 十四 カンパチ>
成魚は全長1m前後である。最大で全長190cm・体重80.6kgの記録があり、アジ科の中では同属のヒラマサ S. lalandi、大西洋産のLichia amiaに次ぐ大型種である[1]。

体は長楕円形で、前後に長く、側扁する。頭部には頭頂から目を通り上顎に達する黒褐色の帯模様が斜めに走る。この模様は幼魚期に顕著に現れるが成魚では不明瞭になる。体表は光沢のある細かい鱗に覆われ、側線鱗数は約150に達する。体色は背側が黄褐色-淡紫色、腹側が銀白色をしている。その境界の体側には黄色の縦帯がある。尾鰭下葉先端は白い。
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-29 02:29
-
f0236280_211944.jpg

<寿司ネタ 十三 さくら>ウマは歴史的に農耕や馬車の牽引、乗用に重用され、家畜の中でも生活の友、あるいは戦場において戦士の命を預ける戦友としてきたために、肉食に供することに激しく嫌悪感や抵抗感を持つ文化を持つ地域・個人と、そうではないものとの対照が激しい。これは狩猟の友などとしてやはり飼育者・使用者との友情を育むことが多いイヌを食用とする犬食文化に対して投げかけられる様々な感情や文化摩擦の問題と似た部分が多い。
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-25 02:11
-
f0236280_275177.jpg

<寿司ネタ 十二 針魚>
全長は最大40cmほどで、同じダツ目のサンマとよく似た細長い体型をしている。サヨリ科一般の特徴として下顎が長く突き出し、上顎は小さな三角形の弁状にしか過ぎないが、この一見アンバランスな形の口器の適応的意義はよくわかっていない。ただ、同じトビウオ上科のトビウオ類も、稚魚のときに同じような下顎の伸張が起こることが知られている。この下顎の先端は生きているときには赤い。背中は青緑色だが腹側は銀色に輝き、筋肉は半透明である。 腹膜は真っ黒で俗に「見かけによらず腹黒い人」の代名詞とされることもあるが、これは筋肉が半透明で光を透過しやすい魚によく見られる現象で、恐らく腹腔内に光が透過するのを防ぐ適応とみられる。同様に腹膜が黒いコイ科の淡水魚ハクレンでは、成長に伴って食物が動物プランクトンから植物プランクトンに移行する時期に急速に腹膜が黒変することが知られているが、この移行時期に強い日光を浴びると、消化管に取り込まれた植物プランクトンが光合成を行って酸素の気泡が発生し、消化管が膨れ上がって水面に腹を上にして浮かぶなどの障害が発生することが報告されている。サヨリも後述のように成長に従って
海藻も食べるようになるため、あるいは摂食した海藻の光合成を抑制する意味があるのかもしれない。
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-24 02:07
-
今日も一日暑い日でした
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-22 01:07
-
f0236280_3435667.jpg

<寿司ネタ 十一 雲丹>
ウニ(海胆、海栗)は、ウニ綱に属する棘皮動物の総称。別名にガゼ、ガンガゼなど。なお、食用とされるウニの生殖腺部分は、漢字では雲丹と表記される。
多くの種が全身にトゲを持ち、中にはガンガゼのように毒を持つものもある。また、タコノマクラなど一般に知られるウニとはかけ離れた外見を持つものもある。
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-18 03:43
-
f0236280_1342394.jpg

<寿司ネタ 十 鰻>
ウナギ(鰻、うなぎ)は、ウナギ目ウナギ科Anguillidae に属する魚の総称。その内の一種Anguilla japonica(英名:Japanese eel)を指し、これをウナギ属Anguillaに属する他の魚と区別してニホンウナギと呼ぶこともある。 蒲焼や鰻丼などの調理方法が考案され、古くから日本の食文化に深い関わりを持つ魚である。しかし川と海を行き来(回遊)し、ある程度地上を這って移動するなど、その生態は意外と知られていない。また研究者の間でも、近年まで産卵場すら正確には把握されていなかった。詳しい生態に関しては、まだ謎の部分が多い。
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-15 01:34
-
天の川では8月12日〜8月16日迄の間 ランチ営業致します☆ ランチ営業時間 11時〜14時迄 ランチならではの特典が盛りだくさん!是非お越しになって下さい♪スタッフ一同 心よりお待ちしております(* ̄O ̄)
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-12 01:21
-
f0236280_147643.jpg

<寿司ネタ 九 穴子>
アナゴ(穴子)は、ウナギ目アナゴ科に属する魚類の総称。ウナギによく似た細長い体型の海水魚で、食用や観賞用で利用される種類を多く含む。

マアナゴ、ゴテンアナゴ、ギンアナゴ、クロアナゴ、キリアナゴ、チンアナゴなど多くの種類があるが、日本で「アナゴ」といえば浅い海の砂泥底に生息し、食用に多く漁獲されるマアナゴ Conger myriasterを指すことが多い。
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-09 01:47
-
f0236280_143481.jpg

<寿司ネタ 八 鯖>
古くから日本人になじみの深い食用魚である。「さば」の名称は古く、一説には、小さい歯が多いことから「小(さ)歯(ば)」の意であるという。平安時代には中男作物として貢納され、また鯖売りの行商が行われていたなどという記録がある。文化の面でも幾らかの影響を与えており、弘法大師が旅僧の姿で鯖を請うたのに、商人または馬子が荷物の鯖を与えなかったため罰せられたという伝説がある。徳島県海陽町の「鯖大師本坊」など、古い坂や峠には僧が鯖を手にもつ像を祭っていることがある。
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-08 01:04
-
f0236280_1325010.jpg

<寿司ネタ 七 鰯>
イワシ(鰯・鰛・鰮)は、狭義には魚類ニシン目ニシン亜目の複数種の小魚の総称である。 日本で「イワシ」といえば、ニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシ計3種を指し、世界的な話題ではこれらの近縁種を指す。ただし、他にも名前に「イワシ」とついた魚は数多い。 日本を含む世界各地で漁獲され、食用や飼料・肥料などに利用される。
[PR]
by ama-no-gawa | 2010-08-07 01:32